投稿日:2022年7月27日

どう違う?空調機器の「修理」と「メンテナンス」

こんにちは!
千葉県松戸市を拠点に、空調設備工事・換気設備工事・フロンガスの漏えい点検などを手掛ける、M.I.Cです。
店舗やテナントビル、工場など、施設の大小を問わず、弊社では、店舗用エアコン・業務用エアコンのメンテナンスや更新、新設のご依頼を承っております。
「修理やメンテナンスという言葉をよく聞くけど、何が違うの?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、エアコンなど空調機器の「修理」と「メンテナンス」の違いについてご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

違いは何?空調機器の「修理」と「メンテナンス」


空調機器の修理とは、空調機器に不具合が起きたときに行う修理のことを指します。
具体的には、部品の交換、冷媒の補充、コンプレッサーや配管の修理などです。
壊れた機器を正常な運転状態に戻すのが「修理」です。
一方、空調メンテナンスは、主にエアコンのメンテナンスのことを指します。
壊れる前に、定期的にエアコンを確認することで、故障の原因になりそうなものがないかを見ます。
壊れて使えなくなってしまうのを防ぐのが「メンテナンス」です。

メンテナンスではどんなことをするの?

温度測定

エアコンの吸い込み温度や吹き出し温度などを確認します。
具体的な確認内容は下記の通りです。
・暖房のとき、室内機から暖かい空気が出ているか?
 室外機から、熱を室内に運んだ後の冷たい空気が出ているか?
・冷房のとき、室内機から冷たい空気が出ているか?
 室外機から、熱を含んだ暖かい空気が吹き出されているか?

ガス漏れや水漏れの確認

ガスや水が漏れていないかを確認します。
エアコンの配管の中には、空気中の熱を運ぶ「冷媒」が流れています。
冷媒とはフロンガスのことです。
配管からフロンガスが漏れてしまえば、エアコンが効かなくなるだけでは済みません。
オゾン層の破壊などにもつながる恐れがあるため、注意が必要です。
また、水漏れも放っておくとエアコンの故障につながるため、確認が必要です。

フロンガスの圧力測定

フロンガスの運転圧力を測定します。
圧力が強ければ、配管の破損につながるため、確認が必要です。
逆に低ければ、熱を上手く運べずエアコンの効きが悪くなってしまいます。

配管温度

配管温度に問題があれば、配管の破損につながるため、確認が必要です。

空調設備のことならM.I.Cにお任せください


店舗用エアコン・業務用エアコンなど空調設備工事の業者をお探しではありませんか?
プロの技術とノウハウをもとに、丁寧で確実な施工をお届けいたします。
店舗用エアコン・業務用エアコンの故障など、お困りの際は、ぜひ弊社にご相談ください。
お見積もりから施工完了後のフォローまで丁寧に対応いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

M.I.C
〒270-2222 千葉県松戸市高塚新田642-171
電話:090-9830-5980 FAX:047-711-9930

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

施工風景のご紹介

施工風景のご紹介

こんにちは!M.I.Cです。 弊社は松戸市に拠点を構え、関東一円で空調設備工事・換気工事の新設・改修 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

M.I.Cでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける施工を心 …

排気ファン修理

排気ファン修理