投稿日:2022年6月27日

業務用エアコンの故障!どっちがお得?修理と買い替え

こんにちは!
千葉県松戸市を拠点に、空調設備工事・換気設備工事・フロンガスの漏えい点検などを手掛ける、M.I.Cです。
弊社では、店舗用エアコン・業務用エアコンのメンテナンスや更新、新設のご依頼を承っています。
業務用エアコンが壊れたり、効きが悪かったりしたときに、修理が必要になります。
しかし、修理にかかる費用が高額になるなど、必ずしも修理が最良の策とは限りません。
今回は、「業務用エアコンの故障!どっちがお得?修理と買い替え」をテーマにご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

購入後1年以内なら買い替えよりも断然修理!


購入してから1年以内に業務用エアコンが故障した場合には、買い替えよりも修理がオススメです。
なぜなら、そちらの方が費用が安くなる傾向があるためです。
大抵の場合、業務エアコンを新品で購入すると、1年間の保証が付いています。
保証内容はメーカーや商品によって異なりますが、保証期間中であれば無料で修理してもらえることも珍しくありません。
また、無料でない場合でも、保証期間中は通常よりも安い費用で修理してもらえることがあります。

こんなときは修理よりも買い替えがお得

修理よりも買い替えの検討をすべきなのが、コンプレッサーの故障や冷媒ガスが漏れている場合です。
コンプレッサーとは、エアコンの心臓部ともいえる冷媒制御を担う重要な箇所です。
室外機から大きな音が出ていたり、激しく振動したりしている場合には、コンプレッサーが壊れているかもしれません。
コンプレッサーが故障すれば修理が必要になり、高額な修理費用がかかります。
また、エアコンの電源を入れているにもかかわらず室内の温度が変わらない場合には、冷媒ガスが漏れている可能性があります。
室内機や配管、室外機などの調査をしなければなりません。
エアコンの設置状況では、高額な修理費用がかかることもあります。
コンプレッサーの故障も、冷媒ガスの漏れも修理はできます。
しかし、使用年数によっては、修理するよりも業務用エアコンを新しく購入するほうが費用が安くなるでしょう。

購入後10年以上の業務用エアコンは買い替えを

業務用エアコンを購入してから10年以上がたっている場合、修理をするのに必要な部品が用意できないケースがあります。
エアコンの補修用性能部品には保有期間があり、製造打ち切りから9年です。
修理に必要な部品が用意できない場合には、代用の部品が必要です。
そうすれば通常よりも高額の修理費用がかかります。
また、もとより修理できないこともあります。

空調設備のことならM.I.Cにお任せください


時間の経過とともに業務用エアコンは必ず劣化します。
従って、修理や買い替えは避けられません。
定期的なメンテナンスは、故障を防ぐことにつながります。
丁寧なメンテナンスによって、業務用エアコンを長く利用できるようになるのです。
高額な修理費などの出費を抑えるためにも、この機会にメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか?
弊社では、店舗やテナントビル・工場など施設の大小を問わず、対応いたします。
店舗用エアコンや業務用エアコンの故障をはじめ、空調設備のお困りごとは、ぜひM.I.Cにご相談ください!
オーバーホールや部品交換など、症状に合わせた適切な処置をいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

M.I.C
〒270-2222 千葉県松戸市高塚新田642-171
電話:090-9830-5980 FAX:047-711-9930

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

施工実績を更新いたしました!

施工実績を更新いたしました!

こんにちは!M.I.Cです。 弊社は松戸市に拠点を構え、関東一円で空調設備工事・換気工事の新設・改修 …

空調機更新工事3

空調機更新工事3

【施工実績を更新】M.I.Cってどんな会社?

【施工実績を更新】M.I.Cってどんな会…

こんにちは!千葉県松戸市のM.I.Cです。 弊社は、空調設備工事・換気工事の新設・改修やメンテナンス …